高齢化で過疎化した町では銀行もお引越し

11月半ばで町内にあった地方銀行が本店統合されお引越しをしていきました。看板が撤去され敷地にはロープが張られまだ残っている建物は身動き取れない悲しげな表情を見せている。長い間地域の人たちと関わって色々な話を聞いて来たのだろうと今朝しみじみ建物を見上げてお疲れ様でした。ありがとうと声をかけてやった。町内に有ってどれだけ便利だったか今更ながら感謝と残念さでいっぱいです。それにしても近辺の町をみても年寄りだらけで若い人はといっても40代が若い方でチラホラ見かけるだけです。
朝玄関の前を掃除していたらお隣さんやお向かいさんも顔を合わせ、銀行も本店の方に行ってしまったね。だんだんと不便になって淋しい町になっていくね。年寄りばかりでヨボヨボの町だね。等過疎化していくのを嘆いていました。一人が、そんな淋しい事ばかり言わないで年寄り町でいい所もあるよ。みんな仲良しになって助け合う優しい心にもなれるし、若い頃には思わなかったけどね。今に年寄りスーパーやら年寄り銀行やら年寄り医院やらできるかもしれないよ。デモ一番欲しいのは年寄り預かり所かね。と大笑いしてまあ元気で頑張ろうと励まし合い別れました。家の中に入ってつくづく話を思い出して自分の歳を感じた次第です。シースリー 柏店